押入れ収納術 - 簡単収納術ガイド

押入れには色々なものを詰め込みたくなるものです。しかし、押入れを上手に使いこなすことによって、家の中がキレイに片付くようになるのです。



サイトトップ > 押入れ収納の原則

スポンサードリンク

押入れ収納術 - 簡単収納術ガイド

押入れ収納の原則


押入れには、とにかく何でもかんでも詰め込みがちですが、あまりにも無計画に物を詰め込んでしまうと後から収拾がつかなくなってしまいます。すっきりと物を収納するためには、しっかりとした方針を定めておくことが必要ですね。


先ずは、押入れの容量やサイズというものをしっかりと把握しておくことが大切です。一般的な和室に装備されている押入れの場合は、引き違いの襖があり、その内部は固定された棚で仕切られていることになります。


そして、基本的に押入れは布団をしまう場所でもあるために、奥行きは深くなっており、幅も充分にとられています。一般的な押入れは、奥行きが90p程度であるようですが、実際にはそれぞれの住宅事情によってその奥行きや幅といったものは異なってくるでしょう。


押入れの収納を考える場合には、その仕切られているスペースごとに利用することを考えるべきでしょう。ごく普通の押入れは、上段と下段との2つのスペースがありますが、引き違いの襖があるために、そのスペースはさらに左右2つのスペースに別れることになります。


したがって、押入れは上下段に4つのスペースがあり、天袋に2つのスペースがあるわけです。


押入れ収納の基本は、これらの6つのスペースに、何をどのように収納していくかを決定して、そのスペースを上手に使い分けていくことです。


原則として、使用頻度の高いものは上段のスペースに、重量があるものや収納ケースなどは下段のスペースにしまいます。そして、あまり使わないものは天袋にしまいます。


押入れ収納術 - 簡単収納術ガイド

MENU



スポンサードリンク